戦い終わって・・・・


 近況報告
 
 ・騎士子、167歳になりました。
 168でディフェンスガードマスター。170歳になるとインフィニティガードをマスターにできます。
 以前書いたように、当面170歳を目指していまして、達成したらソロの時はしばらく鍛冶子を頑張ろうかと。まだ111歳のままですからな^^;
 でも、この167歳。騎士子のこのレベルには大きな意味があるのです。
 ひな一家で一番レベルの高いキャラ、侍君のレベルが167。騎士子はこれに追いついたのです。
 かつてあれほど熱中した芸人。
 アメマを狩る時は、事前に僧侶と騎士にダーツワンセット持たせて池の側に配置しての3セット狩りをしてました。そう、騎士は当時荷物持ちだったのです。
 死森へ向かう道の途中で、ひたすらマリウル(マリオあんどウルーフ)を狩り続け、道行く人に応援してもらいました。
 128からは延々とアビウスを一人で狩り続けました。釣りまクエのときはリアルも捨てました。
 そして燃え尽きて、一年の休止。
 復帰した当初は、もう一度芸人で花を咲かせたいと思った時もありました。
 年始の目標に、210になってアナスタシアに匍匐前進で挨拶に行くと書きました。

 でもダメでした。
 もはやダーツを握る力もセゲルも無く。
 うちの興味は騎士子へと移っていってしまったのです。
 
 かつて芸人が狩れなかった無属性バイルをなぎ倒す日々。
 聖堂で飛び跳ねて、ペドロン部屋で飛び跳ねて、そして釜部屋で飛び跳ねる。
 そんな日々は、いつまで続くのでしょう。
 かつてのように、また燃え尽きる日が来るのでしょうか。

 でもまだ。
 まだまだ、やり足りないのです。 
 まだまだ、やりたいことがあるのです。

 てっぺんの景色が気持ちいいのなら、そこに登ってみてみたいのです。
 最年少登頂じゃなくてもいいのです。
 自分のペースで、それでも一歩一歩登って行きたいのです。



 それと、めでたい近況報告。

 ティルベイン+8光。ようやく売れました^-^
 売れ方が凄かったです。露店しようと、僧侶ねーさんでINすると、いきなり見知らぬ人からささが入りました。

「こんにちわ。ティルベイン売ってた方ですよね?」

 長くはお話しませんでしたが、うちが一週間だか10日だかずっと露店に出してるのを見てお金貯めていたご様子でした。
 予定していた45Mという金額よりも若干安い値段で買っていただきました。
 欲しいものを目標に、こつこつとお金を貯めるのもまた、シールの楽しいところですな。

 同じようにこつこつとセゲルを貯めて、朱雀をゲッツしたのがゴマちゃんです。
 おめでとうなのだ^-^b

 
 そして、欲しいペットをゲッツするために、お金を貯める人もいれば、リアルラックで引き寄せる人もいるわけでして。
 店長のブタ子ちゃんが龍になっちゃいました@@
 びっくり、あんどおめでとうですよ^-^b


 あと、墓地から初ドロップしました。
 黄昏胴ですb
 店長の騎士さんが130代ということで黄昏探していたのでプレゼンツ。龍ちゃんできたご祝儀もじゃb

 その代わり深遠でたらくだしあ(





 



 ss載せようと思ったらアレデスヨ。保存されてナス。
 ひょっとして、保存可能なssって数に限界あります??
 とりあえずいくつか削除して空きを作ってみました。主に精錬失敗のssとか。


 で、ハナクエ。

 前の日記で、ハナちゃんは昔強かったとか書きましたが間違ってました。
 今も十分すぎるほど強かったです><

 正直に言うと、4キャラ5回目ということもあり、舐めてました。
 まず第一に、初めての人がいたにも関わらず、事前の告知をほとんどしなかったこと。これが大失敗でした。
 これ、あたしの役目だったのです。ホントごめんなさい・・・・・・。

 2度目以降の人なら当然知っていることでも、初めての人は逆に当然分からないのです。
 うちが初めてハナクエをやった時は僧侶で参加しました。
 レベル90代で一番年下だったのですが、その当時は黄昏騎士さんもほとんどいない時代でした。
 24人の4つのフルPT。僧侶さんが8人いたので、1PTに2人僧侶さんが入りました。
 ハナちゃんの即死攻撃で、ばたばたと倒れるPTメンバー。一人の僧侶さんがレクシに走り、その間うちは必死でキュア連打。レクシ失敗の時や、別の人が倒れた時には即座に役割交代してうちがレクシで相方僧侶さんがキュア連打・・・・・・・・。
 言葉も交わさずに連携プレーができるようになったのは、なんとか一回ハナちゃんを撃破してからでした。

 初めて参加すると言う人は、「どうすればいいか」以前に、「どうなっているのか」すら分からないということをすっかり失念していたのです。
 具体的に言うと、あたしが初めてやった時は、大部屋の次にネザ部屋があることも知りませんでした。ネザの奥に十数匹のギアがいる小部屋があることも、その奥にハナイエルがいることも、そして初めてのときだけクエストムービーがあることも(なので部屋突入にタイムラグが生じることも)知らなかったのです。

 その辺の事前説明。今回は不足していました。
 みんな結構レベル高いし、どうにかなるじゃーん。そんな風に思っていました。
 
 今回、9時頃から人が集まり始めたのに開始が12時になっちゃったのは、事前に初参加の人のクエをお手伝いしてなかったからです。
 前日に、ローサねーさまとのデートの支援をお願いしたのですが、そんなことしてる場合じゃなかった気がします。

 ホント、舐めてた。猛省です。


 ハナクエは3つの役割が形になればクリアできます。
 赤天使を引きつける硬い人。
 十分な与ダメを出せる高火力な人。
 レクシのできる僧侶さん。
 
 極論すると、上記3職+クリアしたいメンバー で入れ替えていけば、クエスト消化できちゃうのです。

 今回助っ人として参戦してくれた方が、十分な硬さを持つ騎士さんであったり、高火力な魔法氏さんだったりしました。
 事前説明やら事前準備やらをすっかり怠っていたあたしは、そこでさらにゆるんじゃいました。

 楽勝ジャン?


 甘かった。
 まったくもって甘かったです。

 全滅に次ぐ全滅。
 崩壊に次ぐ崩壊。

 オームを空ける回数は6回に及び、それでルビー3つと極胴1つ出ちゃったりして、それはそれでウハウハだったのですが、もしうちらのメインがハナクエやってるキャラだったら・・・・・・・。
 オームを空けることすら困難で、途中で嫌気がさしてしまったことでしょう。

 そして午前2時。
 誰からとも無く上がる、もうダメだという声。
 それに対する反論をうちは一つだけ持ってました。それがさっき書いた黄金プランです。
 メンバーから漏れた人はESC押してただ見てるだけ。
 クリアはできるけど充実感も満足感も無いプラン。
 充実感も満足感も無いけど、クリアはできるプラン。

 喉まで出かかっていたその考えを、ある人が押しとどめました。


 
 もう一度だけやってみよう。


 既に夜よりも朝に近い時間。みんな気力も体力も限界だったでしょう。
 それでも皆は十字森に集まり、そしてオームを叩き始めました。






 3個目のルビーゲッツ。ウマー





 赤天使のタゲを取る騎士さん。
 そこからハナイエルを引き離す騎士さん。
 ハナちゃん撃破体制が整うまで、騎士さんたちに補助とキュアをかけまくる僧侶さん2人・・・・・。
 状況を見るために進入する人。
 ギア小部屋で突入の合図をじっと待つ面々。

 そして最後の戦いが始まりました。


 即死する前衛。
 復活後の即死を回避させるために、ハナちゃんを死体から引き剥がす人。
 レクシに走り回る僧侶さん。
 ダメなんか通るわけも無いのに、うちは必死こいてハンマー振るってました。
 もっとああしておけば、もっと楽だったかもしれない。
 もっとこうしておけば、もっと楽だったかもしれない。
 即死に次ぐ即死。
 正直、うちなんか殴らない方が、楽にクリアできたでしょう。その分レクシ回数も、ハナちゃん引き剥がしの回数も減るのですから。
 でも、誰も何一つ文句言わずに、叩かせてくれました。

 きっとみんな、楽よりも楽しいが好きな人たちだったのです。


       そして









 皆さんお疲れ様でした^-^
 
 今日という日は忘れませんb
[PR]
by miyakon21 | 2007-06-04 23:04 | 日記


<< ssがぁ!! ハナクエ準備ちゅ >>